2014年9月16日

水銀対策第2回合同会合、鉱業協会などにヒア

環境省と経済産業省は12日、水俣条約を踏まえた今後の水銀対策について検討する2回目の合同会合を経産省内で開催し、関係する業界団体や、水銀回収を手掛ける野村興産からのヒアリングを実施した。水銀を添加した製品をつくっている6業界の団体が製造や輸出入の現状、代替が難しい用途の有無、水銀の保管方法などについて説明。日本鉱業協会も非鉄金属の製錬工程で水銀を含んだ汚泥(スラッジ)が発生する仕組みや今後の見通しなどを話した。

おすすめ記事(一部広告含む)