2020年4月22日

伸和精工、新工場が稼働

新たに稼働を開始した北工場は、敷地面積が約3000平方メートル、建屋面積が約2000メートル。主な設備として200トンプレス機など複数のプレス機に加え、炭化水素洗浄装置や画像測定装置、大型クレーン装置を導入し、大型サイズ品への対応ならびに品質管理の強化を図る。また、生産性や作業者動線の無駄をなくすため、生産工学の考え方を取り入れた工場レイアウトとしており、新工場の稼働により、同社の生産能力は従来比で30%増となった。

おすすめ記事(一部広告含む)