2022年3月24日

新和、新工場が稼働 建屋面積3倍拡張 最新設備を多数導入

 薄板コイルセンター事業と厚板加工販売を行う和信産業(本社=千葉市、遠藤重裕社長)の子会社で板金加工を手掛ける新和(本社=千葉県東金市、同)はこのほど、事業拡大のため移転拡張した新工場が完成し、今月中旬から稼働を開始した。建屋面積を旧工場の3倍に広げ、最新の自動化・省力化機能を搭載した加工設備を多数導入した。隣接する厚板加工拠点の和信産業東金工場との連携により、「国内唯一の板厚0・3ミリから100ミリまで一貫対応できる板金・製缶工場」(遠藤社長)として受注拡大を図り、取扱高を現在の2・5倍に引き上げたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)