2015年1月26日

14年伸銅品生産81.7万トン5.4%増、15年は82万トン見通し

日本伸銅協会が23日発表した2014暦年の伸銅品生産速報は、総生産量が前年比5・4%増の81万7359トンと3年ぶりに80万トンを回復した。車載部品向けの堅調さなどから内需、輸出向けとも改善。品種別でも銅条をはじめ主要品種が軒並み増えた。同日記者会見した吉田政雄会長(古河電気工業会長)は15年の生産量について、海外経済動向に不安はあるが内需は一定の回復が見込めるとして「微増の82万トン程度になるのではないか」との見通しを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)