2015年4月28日

JX金属、電気銅の生産効率を最大化

 JX日鉱日石金属は、三井金属との共同銅事業会社パンパシフィック・カッパーで、既存拠点網を活用し電気銅の生産効率の最大化を図る。2016年3月期は佐賀関製錬所(大分県)から日比共同製錬玉野製錬所(岡山県)へのアノード(粗銅)送鉱を増やし、コスト競争力が高く輸出基地でもある両工場の熔錬・電解工程をフル活用する。韓国の関係会社LS―ニッコー・カッパーへのアノード加工委託も検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)