2015年7月10日

LME非鉄、安値更新相次ぐ 中国・ギリシャ予断許さず

 ロンドン金属取引所(LME)の非鉄金属は、リーマン・ショック以降の安値を相次いで更新している。ギリシャ問題の先行き不透明感や、中国株が下げ止まらないため、リスクオフで売られている。中国株の下落が一服したとしても、同国景気に対する懸念はくすぶり続ける。三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部の芥田知至主任研究員は、「非鉄金属は反発しても、上昇の勢いは鈍いだろう」と指摘する。

おすすめ記事(一部広告含む)