2015年8月13日

関西地区、黄銅棒の商権流動化

 関西地区の流通・ユーザー筋において、黄銅棒の商権が流動化している。大手メーカーの再編・グループ化に加えて、これまで関西でシェアの少なかったメーカーの拡販活動が積極化していることも背景にある。流通問屋は転注を逃さないようサービス強化に努めているが、実需が先細る中で過当競争も招きかねない状況だ。

おすすめ記事(一部広告含む)