2019年9月25日

黄銅棒の秋需鈍い 関西地区

 関西地区で黄銅棒の秋季需要の立ち上がりが鈍い。水栓・ガス金具向けの建材需要が活気を欠いている上に、価格指標の銅建値が最安値圏を脱したため、買い気が上向かない背景もあるようだ。増税前の駆け込み需要が予想されていたため、在庫を多めに積み上げていた専業問屋もあったが、思惑は空振りとなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)