2015年10月7日

住友商事 アルミ地金・圧延品、収益力を強化

 住友商事の金属事業部門はアルミ地金・圧延品ビジネスの収益力強化に取り組む。圧延品は自動車の軽量化やアルミ缶化率の向上などを反映して、海外を中心に需要拡大が見込める。圧延メーカーのUACJと連携し、来年から北米の自動車パネル材市場にも本格参入する。タイではUACJの新工場が生産する缶材などの販売に取り組む。今年2月には圧延品の原材料であるアルミ地金をマレーシアで製錬するプロジェクトへの追加出資も決定した。川上から川中のバリューチェーンを拡充して市場の成長を取り込む。

おすすめ記事(一部広告含む)