2015年10月20日

関東地区軽圧品流通、建築土木 荷動き上向き

 関東地区の軽圧品流通の10月の販売は先月に比べ増加しているもようだ。これまで伸び悩んでいた建築土木分野の需要が上向きつつあるためと見る流通が多い。ただ今後については慎重な見方が目立つ。引き続き建築土木の需要改善を期待する声がある一方、相場指標の先安観や市場全体の先行き不透明感を指摘する声が多い。

おすすめ記事(一部広告含む)