2021年10月6日

シンクス アルミ板製品値上げ

非鉄流通のシンクスコーポレーション(本社=神奈川県愛甲郡愛川町、石坂敬社長)は販売するアルミ板製品の価格を11月1日受注分から引き上げる。上げ幅はキロ50円から100円を想定する。国内の大手圧延メーカーが10月から相次いでロールマージン(加工賃)を引き上げていることから企業努力による自社吸収は困難と判断。約3年ぶりのアルミ板製品の価格改定に踏み切る。

おすすめ記事(一部広告含む)