2016年3月14日

長尺伸銅品、年度末の滞貨に警戒感

 長尺伸銅品の長距離配送において、3月下旬の滞貨に対する警戒が強まっている。1本単位の小ロット配送が多い黄銅棒や銅管などの運送事情は悪化をたどっており、物流業界の繁忙期に当たる年度末には納期のさらなる長引きや、一時的な引き取り不可も想定されている。銅価の乱高下によってメーカー納期も不安定化しており、荷繰りの難航も予想されている。
おすすめ記事(一部広告含む)