2016年5月24日

UACJ名古屋、月産3.2万トン目指す アルミ圧延品を最適体制へ

 UACJ・名古屋製造所は、2017年3月期末までに、アルミニウム圧延品の生産移管を終了し、生産品目を自動車用材、印刷版用板材およびフィン材などとする。同時に設備の改編と生産性の改善活動を推進し、今期末には生産量を現状比7%増の月産3万2000トンにまで引き上げを目指す方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)