2016年10月20日

大正アルミ、溶湯・RSI参入検討

 大紀アルミニウム工業所が出資する中国広東省のアルミ二次合金メーカー・肇慶市大正アルミ(デルタアルミ・趙戎董事長)は、新たに溶湯とRSI(アルミ缶再生地金)の供給事業に参入する計画を進めている。中国国内における省エネやリサイクル意識の高まりを受け、ユーザーから問い合わせや試作品の納入依頼が増えており、趙董事長は「まとまった受注量を確保できるようであれば、早い段階で事業化する」と、意欲を語る。
おすすめ記事(一部広告含む)