2016年12月13日

古河メタル・タイ、高付加価値戦略を強化

 古河電気工業グループの銅管メーカー、古河メタル・タイランド(山本尚志社長)は、主力のエアコン以外の分野向けでも商機を探る。中国銅管メーカーの拡大戦略などから、エアコン用銅管の市場競争はタイでも厳しさを増す。今後も数量と採算性を両立させていくには、引き続きエアコン向けに軸足を置きながら、自動車関連など新規の需要分野も模索。既存の商材でも空調・冷蔵関連の部品加工用の直管や細径のキャピラリーチューブなど、高付加価値な商品を増やしたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)