2013年11月20日

新日鉄住金 タイ事業戦略 棒線加工の雄 統合効果発揮 高品質ニーズに対応

新日鉄住金発足による初のグループ会社統合は、タイの地で行われた。特殊鋼棒線2次加工拠点のニッポンスチール&スミキン・スチールプロセッシング・タイランド(NSSPT)は、住友金属工業系のスチール・プロセッシング(SP)と新日本製鉄系のニッポンスチールバー&CHワイヤ・タイランド(NBCタイ)を2013年1月に経営統合し設立。2工場の機能を生かし、東南アジア最大の棒線加工メーカーとして急速に拡大するタイの自動車関連需要を取り込む。

「お互いにそれぞれ技術を積み重ねてきた工場。新日鉄グループの工場は構内搬送に工夫がみられ、取り入れる要素があると感じた」。NSSPTの稲葉眞一社長は、97年のSP創業時の社長でもあり、タイの地で長く棒線加工を手掛けてきた経験を基に、SPの熱処理の燃焼測定技術をNBCタイに応用して燃焼効率を向上させるなど2工場のノウハウを最大限活用している。
おすすめ記事(一部広告含む)