2016年12月20日

特金スクラップ、塩漬け放出 荷繰り改善

 特金スクラップの荷繰りが改善してきた。国内発生難が2年近くに長引いてモノ不足が深刻化していたが、価格指標となるニッケルやコバルトの輸入採算価格が上昇し、塩漬けされていた現物の放出意欲が高まり、市中取引は年末の整理売りと合わせて活発化。海外からの売りオファーも増えているもようで、タイト感はほぼ解消されてきたようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)