2022年4月22日

特金スクラップ 需給タイト化継続

特金スクラップの需給が引き締まっている。3月に暴騰し取引停止となったロンドン金属取引所(LME)ニッケルは3月の平均価格を公表し、「値決めの問題は解消され荷動きも回復した」(特金取り扱い筋)。しかし先高観が残るため、国内需要家のステンレス・特殊鋼メーカーは積み増しに動いている。大型解体案件の減少で国内発生は依然絞られており、荷繰りはタイト化しつつある。

おすすめ記事(一部広告含む)