2017年2月6日

東洋アルミ、アルミ含有副木開発 世界初、熱湯で成形容易

 東洋アルミニウム(本社=大阪市中央区、山本博社長)はこのほど、世界で初めてアルミペーストを含有する鼻骨骨折用の成形型副木「サーマルギプス」を開発し、販売を開始した。アルミ分を約30%含有することで従来品に比べて約4倍高い熱伝導性を確保し、術後の腫れの抑制に効果が期待されるほか、熱可塑性樹脂の採用により熱湯に浸すだけですぐに成形できる。

おすすめ記事(一部広告含む)