2017年2月13日

住友金属鉱山、17年ニッケル4.8万トン不足

 住友金属鉱山は2017暦年の世界ニッケル需給予測を供給不足4万8000トンに見直した。インドネシアのニッケル銑鉄(NPI)増産などを踏まえ、前回10月予測から不足幅を6000トン狭めた。予測値にはフィリピンのニッケル鉱山操業停止、インドネシアのニッケル鉱石禁輸緩和の影響を織り込んでいない。フィリピンの影響度は対供給で最大年10万―11万トン減、インドネシアは年5万―6万トン増と試算する。

おすすめ記事(一部広告含む)