2021年1月13日

住友鉱ニッケル予測 6.9万トン供給余剰

住友金属鉱山は2021暦年の世界ニッケル需給を6万9000トンの供給余剰と予測する。コロナ禍で需要の落ち込んだ前年から余剰幅は狭まるが、2年連続で供給が需要を上回る見通し。インドネシアのニッケル銑鉄(NPI)増産の影響が大きい。日本市場は需給ほぼ均衡と予想する。

おすすめ記事(一部広告含む)