2017年2月21日

日鉄住金工材、次世代電着ドラム開発 電解銅箔用

 【上越】ステンレス・チタン・特殊合金を加工販売する日鉄住金工材(本社=新潟県上越市、石川昌弘社長)はこのほど、次世代の電解銅箔製造用チタン製電着ドラムを開発した。極薄銅箔のさらなる高品質化に対応するために、銅を電析させるドラム外周面のチタン板材(トップスキン)の表面外観品質を高めた。現在は国内外の電解銅箔メーカーへの販売を目指して最終評価を行っている。

おすすめ記事(一部広告含む)