2017年3月13日

銅管流通筋、需要期控え荷繰り不安

 エアコン向けの夏季需要シーズンを控えた銅管の流通筋において、荷繰り不安が台頭している。コイル品はすでにメーカー納期が長引いており、タイトな状態。扱い筋はさらなる調達難を見越して他メーカーに仕入れを切り替えるなど、商流にも変化が起きている。一方で需給の引き締まりにより、被覆銅管値上げの進展を期待する声もある。

おすすめ記事(一部広告含む)