2018年10月12日

サンエツ金属、線材販売子会社を設立

 黄銅棒線最大手のサンエツ金属(本社=富山県砺波市、釣谷宏行社長)は、線材の販売事業を再編する。このほど設立した販売子会社のサンエツ商事(埼玉県加須市)が11月1日より営業を開始し、同じく線材の在庫販売を行う子会社のヤシマ(本社=同県三郷市)を同社に吸収合併。さらに、サンエツ金属の線材などを取り扱う高崎金属(同県春日部市)からも事業譲渡を受ける。両社を合わせた銅系、ステンレス系の線材の取扱量は月間150―160トンになる。

おすすめ記事(一部広告含む)