2017年3月16日

春闘集中回答 製錬3社・電線1社賃上げ

 春闘の集中回答日だった15日、午後3時時点で非鉄製錬大手3社、電線大手1社の労働組合が、賃上げ回答を引き出したことが分かった。金属市況低迷の影響が尾を引いた製錬を中心に、総じて要求水準を下回ったが、「デフレを脱却し経済を前に進める下支え」(相原康伸・金属労協議長〔自動車総連会長〕)「人への投資」(工藤智司・金属労協副議長〔基幹労連委員長〕)といった賃金改善の意義を、経営側と一定程度共有した流れと言えそうだ。労働時間短縮など働き方改革の議論も進み始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)