2017年7月28日

日軽金HD、4ー9月経常益上積み 押出品・厚板など好調で

 日本軽金属ホールディングスは27日、2017年4―9月期の連結経常利益の見通しを従来の115億円から125億円に上方修正すると発表した。実現すれば前年同期を9・7%上回る。営業利益見通しも125億円から135億円となり、前年同期比で一転増益となる。原燃料価格が期初に予想していたほど上昇しなかった一方で、トラック架装向けのアルミ押出品や液晶・半導体製造装置向けの厚板、工場のクリーンルーム向けのパネルなどの販売が引き続き好調だった。既存品に比べ利益率が高い新製品の伸びも寄与した。一方、下期に原燃料価格の上昇が強まる可能性を考慮して18年3月通期の見通しは据え置いた。

おすすめ記事(一部広告含む)