2017年10月6日

信越化学、光母材を増産 日中で投資180億円

 信越化学工業は6日、光ファイバーのガラス母材、プリフォームの生産能力を国内外で増強すると発表した。総額180億円を投じる。中国の製造合弁2社で生産能力を倍増し、2019年上半期の完成を目指す。鹿島工場(茨城県)では18年下半期の完成に向けてプリフォームの工場棟を増設する。

おすすめ記事(一部広告含む)