2021年4月28日

信越化学 半導体シリコン営業益1441億円

 信越化学工業が28日に発表した2021年3月期連結決算は、半導体シリコン事業の営業利益が前期比0・6%増の1441億円だった。4―6月に経済活動が制限されたものの再開に伴い需要が増加した。電子・機能材料事業は同2・6%増の702億円。希土類磁石は下期に車載向けが回復し収益を支えた。期末配当は一株当たり前回予想比10円増の140円。年間では前期比30円増の250円となる。22年3月期業績予想は未定とした。

おすすめ記事(一部広告含む)