2017年11月17日

車用鉛蓄電池 上期、リーマン後で最多

 経済産業省が15日発表した生産動態統計確報によると、自動車用鉛バッテリー(二輪車を除く)の上半期(4―9月)国内生産(鉛容量)は前年同期比8・8%増の9万4798トン、販売は5・2%増の8万8143トンと、それぞれリーマン危機後では最も多い水準だった。ただ、急速に在庫が積み上がっており、下半期に生産調整が入る可能性もありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)