2021年10月25日

溶融亜鉛めっき 採算悪化が不可避

 溶融亜鉛めっきの採算悪化が避けられなくなってきた。生産面では、新型コロナウイルスの影響を受けた前年を下回る低水準で推移している上に、原料の亜鉛建値が14年ぶり高値に急騰。競争の激しいボルトやナットの小物めっきでは、コストアップを加工賃(ロールマージン)へ転嫁できない状況だ。



おすすめ記事(一部広告含む)