2017年12月18日

山崎金属産業、4ー9月期は減収減益

 大手非鉄製品流通の山崎金属産業(本社=東京都千代田区、山崎洋一郎社長)の2017年4―9月中間期連結業績は売上高が前年同期比9・8%減の150億5800万円、経常利益が14・4%減の3億500万円だった。液化天然ガス(LNG)船貯蔵用タンク向けのアルミ厚板需要が好調だった前期には届かなかったが、国内景気の持ち直しを背景に、自動車熱交換器や液晶製造装置、電子材向けの受注は期初見込みを上回り、前年同期からの減少幅は想定より小幅にとどまった。LNG船タンク以外の分野は下期も堅調が続くとみて、18年3月通期の連結業績予想を売上高、利益ともに従来見通し(6月発表)から上方修正した。

おすすめ記事(一部広告含む)