2018年2月22日

トヨタ 省ネオジムの新型磁石開発

 トヨタ自動車は20日、希土類(レアアース)のネオジムの使用量を最大50%削減した世界初の「省ネオジム耐熱磁石」を開発したと発表した。磁力と耐熱性の低下を抑える新技術を適用した。希少な重希土類を使わないだけでなく、ネオジムの一部をより安価なランタンやセリウムに置き換えられる。2020年代前半の実用化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)