2020年9月10日

「未来へ 見出す活路 レアアース産業の現在地と課題」中国以外の供給ソース開拓 リスク回避し新用途開発

 ネオジム、ジスプロシウム、ランタン、セリウム、イットリウムなど17元素の総称である希土類(レアアース)。自動車の電動化など次世代技術に必須の元素でありながら、資源の9割以上を中国に依存していた供給ソースの脆弱性が世間一般にまで知れ渡ったのが2010年9月だった。あれから10年。日本のレアアース産業の現在地と課題を探る。

 「会社設立から半年間は中国からいっさいレアアースが供給されず売り上げの全く立たない日々が続いた」。レアアース・レアメタル商社マテリアル・トレイディング・カンパニー(MTC)の小滝秀明社長は10年前の出来事を振り返る。

 

おすすめ記事(一部広告含む)