2018年2月26日

廃バッテリー日本産、割高感強まる

 日本の廃バッテリー(使用済み自動車用鉛蓄電池)の割高感が強まっている。大手輸入国の韓国の1月輸入統計によると、日本からの輸入平均単価はキロ1・16ドルと、米国からの単価1・12ドルを初めて逆転。液入りの日本の廃バッテリー単価が、液抜きで鉛重量比の大きいとされる米国を上回った。今後の対日輸入の位置付けが変わる可能性もありそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)