2018年2月26日

宇部興産、電線被覆材で検査不正

 宇部興産は23日、同社および丸善石油化学が折半出資する宇部丸善ポリエチレン(UMP社)が販売した一部製品で、生産を請け負う宇部興産の千葉石油化学工場において、顧客との契約に基づく製品検査項目の一部を実施しない不適切行為があったと発表した。問題の製品は、主に電線の被覆材として使用される低密度ポリエチレン製品で、UMP社が販売する数量の約7%に相当する。問題製品の出荷先は、33企業グループ、全体では50社に達する。昨年11月からグループ全製品の品質調査を行う中で、今回の不適切行為が分かった。

おすすめ記事(一部広告含む)