2018年4月9日

製錬8社、銅6%増81.5万トン

 非鉄製錬大手8社の4―9月期地金生産計画が出そろい、電気銅は6社合計で前年同期比6・1%増の81万5045トンとなった。産銅最大手のパンパシフィック・カッパー(PPC)が生産調整から復帰し、14・9%増の30万トン、08年度実績以来の高水準を計画する。亜鉛は3社合計で4・8%増の24万1984トン、鉛は4社合計で2・1%減の9万9223トンとなる。
おすすめ記事(一部広告含む)