2018年4月10日

日本ガイシ、板条生産能力3割拡大

 日本ガイシの金属事業部は、板条の生産能力を引き上げる。同社が製造するベリリウム銅や銅―ニッケル―錫合金の板条は車載用電装部品や産業機械部品向けで需要が伸びており、前期(2018年3月期)から受注残が膨らんでいる。脱脂ラインの新設や圧延速度の改善、生産計画へのビッグデータの活用を通じ、21年3月期までの3年間で生産能力3割増強を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)