2018年7月24日

上海日比野圧鋳、ダイカストマシン増設

 アルミダイカストメーカー・日比野工業(本社=愛知県知立市、伊藤達一社長)の中国拠点・上海日比野圧鋳(上海市青浦工業園区、榊原弘光総経理)はこのほど、350万元を投資して500トンダイカストマシンを1基増設した。自動車分野からモーターケースなどの受注が増えているためで、中型ダイカストマシンの導入により多数個取りを可能にし、生産能力を10%引き上げた。来月には160トンマシンを1基新設する。

おすすめ記事(一部広告含む)