2018年9月10日

ハイジェントのタイ拠点、2年内に稼働率8割超

 伸銅品やステンレスのめっき加工を手掛けるハイジェント(本社=東京・渋谷、小林剛社長)のタイ現地法人であるハイジェント・タイランド(岸真一社長)は、2年以内に稼働率を8割以上まで高めることを目指す。金めっきラインは稼働率が7割程度あるが、錫とニッケルは余力がまだ大きい。板厚・広幅の対応力などをアピールし、自動車部品などで新規取引を広げていきたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)