2018年10月3日

三菱商事RtMジャパン、3社連携で車・電池狙う

 三菱商事の金属資源トレーディング子会社、三菱商事RtMジャパン(本社=東京都、星野啓介社長、以下RtMJ)は、3社連携で自動車アルミ材や電池・電子材の事業機会を探る。三菱商事RtMインターナショナル(以下RtMI)が主導する商品別の世界戦略に基づき、投融資を含むさまざまな参入形態を検討する。RtMJ単独では取り込みきれない需要、顧客、地域にもアンテナを広げて、三菱商事金属グループ全体で市場に応える。

おすすめ記事(一部広告含む)