2018年10月25日

マレーシアアルミ大手、豪アルミナ権益取得へ

 マレーシア本拠のアルミ製錬・押出大手、プレスメタル・アルミニウム・ホールディングスはこのほど、豪ワースレーアルミナ事業の権益5%をジャパン・アルミナ・アソシエーツ・オーストラリア(以下JAA)から2億5000万豪ドル(約200億円)で取得する意向を明らかにした。JAAは双日と伊藤忠商事の折半出資会社で、ワースレーの権益10%を保有。伊藤忠の権益が売却対象になる。

おすすめ記事(一部広告含む)