2018年10月26日

住友電工 難削材加工用に新材種

 住友電気工業は25日、難削材旋削加工用の新しい工具材種「AC5000S」シリーズ、SEC―スミデュアルミルTSX型の刃長の長いリピータタイプ「TSXR型」、およびSEC―溝入れバイトGND型の内部給油式ホルダ「GNDM―J型/GNDL―J型」を開発したと発表した。「AC5000S」は2019年4月、「TSXR型」と「GNDM―J型/GNDL―J型」はともに来月から発売する。販売計画としては、「AC5000S」が初年度2億3000万円、3年後13億円。「TSXR型」は初年度1億円、3年後3億円。「GNDM―J型/GNDL―J型」については、初年度1億円、2年後3億円の販売を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)