2018年11月1日

経産省、海底熱水鉱床で総合評価

 海底熱水鉱床からの鉱物資源開発に取り組んでいる経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は31日、これまでの技術開発成果に基づき経済性や課題を整理した総合評価を発表した。現時点で地金製造まで成功している亜鉛主体の鉱石をモデルに試算すると収支はマイナスになるが、銅・貴金属品位の高い鉱石を使うことなどで経済性が出てくる可能性を示した。ただ、商業ベースでの事業化には価格だけでなく絶対的な資源量や技術面で課題がまだあり、法整備も必要になる。

おすすめ記事(一部広告含む)