2019年4月1日

三協立山 独アルミ鋳造事業買収

 三協立山は29日、欧州子会社を通じ独のアルミメーカーの鋳造事業などを買収すると発表した。買収額は公表していない。買収した鋳造事業は2000系から7000系までの、いわゆる中・高強度と呼ばれるアルミ合金ビレットの製造を手掛ける。三協立山の欧州子会社は現在、自動車や航空機、鉄道部品の材料となるアルミ押出形材を生産している。今回の買収で鋳造能力の強化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)