2019年5月10日

キッツメタルワークス 製棒新工場が完成

 大手黄銅棒メーカーのキッツメタルワークス(本社=長野県茅野市、中嶋孝興社長)は本社敷地内に建設していた新工場「製棒第7工場」がこのほど完成した。新たに導入する3500トン間接押出機のほか複数の抽伸ラインと焼鈍設備を設置。ロボットなどを活用した周辺設備の自動化も徹底し、工場全体の生産効率が従来設備と比べ大幅に向上する。試運転はすでに始めており、今下期には量産稼働へと移行したい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)