2019年9月6日

キッツメタルワークス 天然ガスに切り替え

大手黄銅棒メーカーのキッツメタルワークス(本社=長野県茅野市、中嶋孝興社長)は、工場の使用燃料を液化石油ガス(LPG)から天然ガス(NG)に転換する。二酸化炭素排出量を削減するのが狙いで、燃料コストの低減にもつながる。導管の設置や設備の燃料変更対応にかかる費用は合計で約1億2000万円。2020年度末までの切り替え完了を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)