2019年5月13日

単結晶シリコン 在庫調整続く

 半導体用単結晶シリコンウエハーの在庫調整が続く。大手メーカーの決算説明によると、2019年1―3月期は半導体需要の減速を受けて小口径ウエハーを中心にスポット販売が減じ、長期契約の300ミリメートル径ウエハーも需要家から出荷の繰り延べ要請が出た。現時点で年後半の回復が期待される。値崩れは現状ないとされる。

おすすめ記事(一部広告含む)