2019年5月22日

LME銅 4カ月ぶり6000ドル割れ

 ロンドン金属取引所(LME)の非鉄金属相場が軟調に推移している。銅の現物セツルメント(前場売値)は、約4カ月ぶりにトン6000ドルの節目を割り込んだ。他の非鉄も軒並み安い。足元のファンダメンタルズ(需給要因)に大きな変化はないものの、それ以上に米中貿易摩擦による世界景気の先行き悪化懸念を織り込んで下げているとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)