2019年5月28日

電気銅生産量 11年ぶり高水準

 経済産業省がこのほど発表した生産動態統計(確報)によると、電気銅の2018年度国内生産量は前期比4%増の157万1268トンで、11年ぶりの高水準となった。首位のパンパシフィック・カッパー(PPC)などが高生産だった。亜鉛は0・8%減の52万1160トンで、4年連続の前年度比減も3年続けて52万トン台を維持した。電気鉛は西日本豪雨の影響などで3・6%減の19万4283トン。

おすすめ記事(一部広告含む)