2019年8月1日

LIXILグループ 事業利益2.5倍

 LIXILグループが31日発表した2019年4―6月連結決算(国際会計基準)は日本会計基準の営業利益に相当する事業利益が前年同期比約2・5倍の116億600万円だった。国内の新設住宅着工件数の増加を反映して、サッシ・エクステリア事業や水回り事業の利益が改善。海外は米国やアジアなどで売り上げが減ったものの、コスト抑制で前年同期とほぼ同水準の利益を確保した。20年3月通期の業績見通しは据え置いた。

おすすめ記事(一部広告含む)